ハローワークのインターネットサービス利用法

最近の不況の影響からかハローワークはかなり混雑しているようです。そこで利用にあたってはインターネットサービスの上手な活用をお勧めします。



サイトトップ > ハローワークについて

スポンサードリンク

ハローワークのインターネットサービス利用法

ハローワークについて


厚生労働省設置法第23条に基づいて設置されている行政機関で、公共職業安定所の愛称とされているのがハローワークです。このハローワークという愛称は公募によってつけられたもので1990年から使用が開始されました。


ハローワークで行われているサービスには、個人求職者向けサービスと、事業主向けサービスの両方があります。


個人求職者向けサービスの内容は求職申込み、職業相談、職業紹介などの求職手続きや、雇用保険手続きに関することなどとなっており、雇用保険手続きでは失業等給付、就職促進給付、教育訓練給付、雇用継続給付等各種を取り扱っています。


更にその他のサービスとして、就職に関するいろいろな情報提供、就職に必要な資格取得に向けた職業訓練コース等の情報提供もあります。


事業主向けサービスに関しては、求人の申込み、応募者紹介等人材の紹介、雇用保険被保険者資格の取得喪失手続き、助成金や給付金の支給手続き、雇用管理サービスなどがあり、加えてその他のサービスとして労働市場、労働条件などの総合的な情報提供も行っています。


ハローワークの扱う求人は全ての雇用形態ということで、正社員求人、パート求人、臨時雇用求人まで網羅しています。


基本的に人口20万人以上の都市に設置されたハローワークは、平日の8時30分から19時までの業務で、土曜日も10時から17時まで開いています。特に最近は景気後退による失業率増加の影響で、どこの地区のハローワークもかなり混雑しているのが実態です。


ハローワークのインターネットサービス利用法

MENU



スポンサードリンク